【手記】黒い影【警】


8月15日 昼


テントを皆で協力しながら立てた後、僕等はジュースで乾杯した。


大人がいないキャンプ。その事が僕の気持ちを高揚させた。友人達もそうだったと思う。


自分達だけでも何とかなる。自分自身を頼もしく思えてなんだか嬉しかった。


A「カレーの用意しないとな。少し登った所に薪木分けてくれる所あるから行こうぜ。」


M「そうやな。腹減ったし。」


川辺から石段を登り、舗装された道路に出た。山道を登り10分くらい歩いた所に一軒の小屋があった。


小屋の外にはたくさんの薪木が積んである。


人気も無いし、こんなにたくさんあったら盗んでもバレないだろうな。盗む馬鹿もいるんだろうなあ…なんて思っていると、


H「誰もおらんやん。パクろうや。」


馬鹿がいた。


A「お前の悪い所やで。お爺ちゃんが奥にいてんねん。」


M「おっちゃーん!薪木ちょうだーい!」


Mがそう叫ぶと、20秒くらいしてから初老の男が現れた。


老「なんじゃ。こんな日にキャンプかね?」


A「はい。飯盒炊爨するんで、薪木分けて欲しいんですけど。」


初老の男は少し困ったなと顔を歪め、


老「悪い事は言わん。今日は帰った方がいい。」


A「何でですか?今日は天気も良いし、絶好のキャンプ日和じゃないですか。」


老「あんたら、都会のもんは知らんじゃろうが、ここらの者は8月15日には絶対に川へ近づかん。」


H「そんなんええから、薪木分けてーな。」


老「いいか、8月15日の御盆はな、死者があの世からこの世に降りてくる日なのじゃ。この地ではその死者の利用する場所が「川」なのじゃ。こんな日に間違って川にでも入ってみろ。死者があの世に帰る時に一緒に連れていかれてしまうぞ。」


老人の鬼気迫る語りに僕等は一瞬怯んだものの、若い僕等は強がって見せた。


A「そんなの迷信でしょ?」


H「俺そんなん全然信じやんから。」


M「おっちゃん。エロ本売ってないん?」


馬「すいません。川には入りませんから、とりあえず薪木分けてもらえますか?」


老人はフンと鼻を鳴らして渋々薪木とエロ本を用意してくれた。


僕等は各々両手に薪木を持ち、お礼を言って帰ろうとした。


老「いいか。これだけは憶えておけ。黒い影を見たら即座に逃げるのじゃ。」


はいはーいと僕等は軽い返事をして元居た場所に戻って行った。


馬「人がいない理由ってこの事やってんなあ。」


A「いつもはもうちょっと人おるからな。」


M「田舎の人は迷信をすんごい信じるからなあ。」


H「けどラッキーやん。て事は完全に貸し切りやで。来年からも御盆狙い打ちやな。」


そんな事を話ながらキャンプ地に戻り、昼の支度を始めた。


AとHはキャンプに慣れているだけあってテキパキと用意を進めていく。


僕はもっぱら野菜切り係だった。Mは動いてる振りをしているが結局何の役にも立たず、途中から邪魔者扱いされてエロ本を読んでいた。


自分達で作ったカレーはとても美味しかった。初めて自分達だけで作った物。先生もいない、親もいない、いるのは仲間だけ。この時のカレーの味は一生忘れないだろう。


食事の後は老人の言いつけを無視して川で遊んだ。川の水は海とは違い心底冷たかったが、真夏の業火の様な陽射しのおかげで心地良かった。


僕等は少し背の高い一枚岩を見つけた。そこから川に向かって飛び込む遊びに夢中になった。


相変わらず川は貸し切りで、誰も注意する者はいない。


飛び込みに慣れて来ると、皆はどれだけ面白い飛び込み方をするかに拘った。


結果、全員がフルチンになり股を広げて飛んだり、陰茎を半分勃たしてから飛んだりした。


飽きる程遊んだ後の僕等の股間周りの皮膚は赤く染まっていた。


くだらない。けどこのくだらなさが堪らなく楽しかった。


だけど楽しい時間はすぐに過ぎて行く。


照りつける陽射しは身を潜め、森特有の静けさが辺りを包みこもうとしていた。


夕陽が綺麗だと思った。将来に対しの不安も責任感も無いこの時が1番幸せだったかもしれない。


陽が完全に沈む前に夜の食事の用意をしなければならない。


さすがに遊び疲れてたのだろう。皆は黙々と作業を進めた。


ある程度作業が終わって顔を上げると、陽は完全に落ちていた。


闇が全てを支配し、風に揺れる木々が不気味な笑い声に聞こえた。


老人が言った、影を見たら逃げろという言葉を思い出し、僕は少しだけ不安になった。


続く



ブログ魔界村入口


まさかのエロ無しに驚愕してんじゃないの?


ブログランキング・にほんブログ村へ

【手記】黒い影【序】



~プロローグ~


圧倒的な暗闇の中で燃え続ける炎。


その炎は真夏の暑さをより熱くさせるはずだった。


しかしキャンプファイヤー越しに少年達は見てしまった。


おぞましい影を。


その途端、少年達の背中に悪寒が走り、辺りは真冬の様に寒くなった。


少年達は声を殺し、影の動きを見守っていた。


すると影は右手を振り上げた。


楽しい筈の夏休みが惨劇に変わる瞬間だった。



8月2日


夏休みも7月が終わると微妙に気持ちが焦り出す。


実際はまだ1カ月の休みがあるのだけれど、7月は特にダラダラ過ごしていた事もあり、残り1カ月しか無いという事に微妙な不安を感じてしまうのだ。


宿題には手はつけないという鋼の意思は毎年の事で、勉学に対する不安では無い。


中学3年生の僕が感じた不安は、そんな事よりもっと大事な事だった。


中学生最後の夏休み、青春の一ページに刻む楽しい思い出作り。


このままダラダラ過ごしてしまうと中学生最後の夏休みが終わる。


まだ1カ月もあるじゃないか?いや、もう1カ月しか無い。


高校受験という言葉を脳内でトイレに流し、馬太郎は玄関に向かい受話器を取った。


8月6日


どうやら友人達も同じ考えだった様だ。


中学生最後の夏休みを満喫したいという同志達が会議を開き、我々はキャンプに行く事になった。


しかし、中学生だけでキャンプに行くのはやはり危険という事で親の反対を受けてしまった。


しかし今更止める事はできない。同志と交わした血の約束がある。


僕は友人の父親が連れて行ってくれるという風に嘯きどうにか許可が下りた。


母が友人の父親に電話するとの事だったので、第二次性徴期が終わった同じクラスの川原君に無理を言って友人の父親に成り切ってもらった。


川原君にはとりあえず、「えーえー。」と低い声で言ってくれと頼んだ。


母「この度はありがとうございます。うちのバカ息子を一緒に連れて行って頂けるそうで…」


川原「えーえー。」


母「本当に申し訳ありません。言う事聞かない時は殴ってもらって結構ですから。」


川原「えーえー。」


母「ではお願いしますね。本当に大丈夫でしょうか?」


川原「えーえー。」


母「ありがとうございます。お願い致します。」


川原「えーえー。」


電話を切った後、母は「寡黙な人なんだね。あんたの友達のお父さん。」と言いながら台所に向かった。


僕は「えーえー。」と返し、来たるキャンプの日、8月15日の事を考えて寝る事にした。


8月15日 朝


集まったのは4人だった。


本当はクラス1の秀才の斎藤も参加する予定だったが、川原君の「えーえー。」が怪しくて親に見抜かれたらしい。


子供が賢いと親も賢いんだな。と、少し複雑な気持ちになったが、すぐに頭の中から打ち消した。


メンバーは、僕、A、H、Mの4人だった。


Hは不良では無いのだが、悪の心を持っていた。


親の財布から結構な額のお金を抜きキャンプセットを購入した様だ。


H「どうせ行くなら完璧にしないとな。」


テントに飯盒炊爨のセット、食材、お菓子など全て揃っていた。


馬「けど、こんな荷物どうするんだ?電車移動大変だぞ?」


H「大丈夫大丈夫。タクシーで行こう。呼んであるから。」


中学生のやる事じゃなかったが、僕達はHに従った。


タクシーの中で皆はHの事を社長と呼んだ。それでは飽きたらずあだ名はどんどん変化をきたし、社長→孫会長→ビルゲイツとなり、目的地に着く頃にはやはりマハラジャと呼ばれる事となった。


タクシーのおかげで快適に旅は進み、僕等は無事に奈良県の吉野川に到着した。


タクシー代は憶えていないが、結構な金額を払っていたと思う。


キャンプ地はAが家族とよく行く穴場だった。人は少ないというより、いなかった。


最高の場所で最高のキャンプが始まる筈だった。中学生最後の夏休みは僕の思い出の中でも忘れられなち1日になるだろうと思っていた。


しかし、別の意味での忘れられない日になるとはこの時の僕は知る由もなかった。


続く




ブログ魔界村入口


壮大なる◯◯◯話です。


ブログランキング・にほんブログ村へ

お願いだからそれはやめて。後編


馬「はい。」


M「どこ~?」


電話はMからだった。


馬「今国道沿いの韓国エステ。」


M「むちゃ面白そうやん!俺も行きたいわー。」


馬「いや、怪しすぎるから帰ろか言うてんねんけど。お前女やからええやん。」


M「女無理やったわ。必殺終電帰りや。国道沿いの所やろ?あそこ怪しくないで。」


馬「そうなん?むちゃくちゃボロボロやし、暗いし。絶対危ないやろ。」


M「いや、先輩から聞いたけど結構若くて可愛い子多いらしいで。昔から言うやろ。田舎の風俗の方が若いし、可愛いし、サービスいいし、安いらしいって。知らんけども。」


馬「マジか!先輩の経験談があるなら心強いな!入るわ!じゃあな!」


M「おい!先輩はらしいしか…俺も後から行くから…」


Mの言葉を全て聞かずに馬太郎は電話を切った。



A「Mなんて?」


馬「ふふふ…朗報やで…」

























馬「やっぱり田舎は若くて可愛い子がいるらしいでー!って先輩が言うてたらしいでー!ここの韓国エステも良いらしいでー!」





A「マジか!」


B「行きますか!」



























離れてしまったと思われた心は、Mのらしい話のおかげて再び一つになった。



意気揚々と店内に入った3人。


とりあえず店長らしい男に奥に案内された。


店内は薄暗く、ピンク色の調光がただのエステではない事を物語っていた。





馬「エロい感じがいいな。」


A「うむ。期待し過ぎてウンコ漏れそう。」


しょうもない事を話ながら奥へ進む途中、馬太郎の視界に入った物があった。








汚水の入ったバケツだった。






馬(汚ねぇなあ。掃除したなら片付けとけよなあ…。)













奥の部屋は簡易の仕切りで四つの部屋に分かれていた。


プライベートの無さが半端無かったが、これはこれで有りだった。


店長「では、女の子が来ますので…ゆっくりと疲れを癒して下さい。」


そう言って店長は去って行った。


馬「…陰茎そそり立ってきた。」


A「右に。」


B「以下同文っス。」


友人との会話を部屋越しに楽しみながら女の子を待つ。


そして女の子が現れた。








予想外の展開!



らしい話は本当だった!








※写真はイメージです。



思っている以上に可愛い女性が来たのだった。


考えてみれば性行為は無いので可愛いのがいてもおかしくは無い。


馬太郎達のテンションは最高潮だった。



嬢「お客さん。マッサージしていきますね~」


馬「は…はい~!」


馬太郎の元気の良い返事の後、隣からもは…はい~!と同じような声が聞こえた。


馬(他も当たりか…)


マッサージが始まった。


最初は普通にマッサージだった。


始めは足を揉んでいた手が徐々に上へ上へと上がっていく…。


ふくらはぎから、太腿の方に…ネットリと優しく…。


実は馬太郎、この時がマッサージ系の軽めの風俗は初めてだった。


ホテヘルとは何だったのか…。


こういうのでええんや。ホテヘルやらデリヘルの様にモロ風俗!みたいなのよりも、この微妙な距離感…何の期待感もない所からの陰茎タッチ。


うちは風俗店やありまへんで~、ただのエロい格好でマッサージするだけですねんで~と思わせといての陰茎タッチ。


キャバクラ以上ホテヘル未満な感じ。だけどセクキャバではない。みたいな。知らんけども。


馬太郎は満足だった。






馬(こういうのでいいんだよ!変な絡みはいらんのです!)








嬢「お客さん…上向きになって下さい。」

















嬢「スペシャルマッサージしますね~」


上向きになった私の…

















陰茎…




















富士山!



陰茎はもはや富士山だった。


恥ずかしい!だがそれがいい!天下を取るのではないかと思われる程そそり立つ陰茎!


その陰茎の周囲をネットリマッサージする嬢!


陰茎のキワをキワッキワッを!勿体つけながらマッサージしてくる!


陰茎触って欲しい!


喉元まで陰茎触って下さい!って出てるけども!僕言わない!この状態を楽しむ!


隣ではBが「すいません。そろそろ陰茎触って下さい。」と懇願する声が聞こえてきた。


馬太郎の富士山が日の出を迎えようとしたその時、女性はさらに馬太郎の興奮を増す一言を言い放った。








嬢「口でして上げる。ト・ク・べ・ツ。内緒だよ?」


















































日の出は昇り始めた。




宇宙!



馬太郎は思った。これは宇宙だ!来て良かった。Mありがとう!君の後押しのおかげで最高の気分です。


姉さん…僕は幸せです。


母さん…明日仕事休んでいいですか?


父さん…今度ご一緒に。



嬢「少し待っててね。用意してくるね。」


馬「え?どこ行くの?」


嬢「一応オチンチン拭かないと。ゴメンね。ちょっと待ってて☆」


馬「待つ!待ってる!」


嬢は部屋を出て準備しに行った。






馬「たまらんなあ…アチャア。特別だって。えへへ…特別に弱いからなあ僕。」










浮かれながら待っていると、部屋の外から音が聞こえる。



馬太郎はカーテンを開け音のする方を見てみた。



仄暗いピンク色の光の中で女性が屈み込んで何かをしている。





チャプ…チャプ…






馬「あれ…」






















女は何やらタオルを絞っていた。








んんん~…?


違うよな。


あのバケツさっき見た汚い水入ってたやつじゃないか?




















今あの汚いバケツでタオル洗っって絞ってたように見えたけども…


アレで拭く気なんか?










いやいやw無い無いw


そんなわけ無いでw



嬢は立ち上がり歩き始めた。








違うよね…?









お願い…それだけは…









嬢はしっかりと脚取りでこちらに向かってくる。










お願いそれだけはやめて!































嬢「お待たせ☆じゃあ拭くね~」






















あっ…









馬太郎の富士山に日は昇らなかった。


嬢には丁寧に御断りを入れて最終的に自分で抜いた。(!?)



馬太郎は2人の友人にその事をすぐに報告し2人は難は免れた。


僕達が帰った後に来店したMは、3度目の淋病治療の為泌尿器科に通う事となった事を馬太郎は1週間後に聞いた。




了。



ブログ魔界村入口

汚な過ぎ。


タオル洗いに行く時に「嘘やろ!」って声出ました。びっくりする程不衛生。


衛生管理についてのお話でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ

お願いだからそれはやめて。 前編


中国マッサージとか、韓国エステとか大体の場合、いかがわしいものである。


僕達はそれを承知した上で来店するのだが。


話は変わるが、日本の文化というのは素晴らしい。世界に誇れるものである。


特に、マナーや衛生管理は世界一と言っても過言ではない。


そんな本国でも、時には廃棄処分する予定だったビフカツを売る事もあるだろうし、雨水で鶏肉を洗う事だってある。


しかしそれは稀な事であって、本国は素晴らしい衛生管理優良国だ。決して肉饅頭にダンボールを混入したりしない。


ただ、稀にそういう物に遭遇する事もある。


日本がいくら衛生管理優良国であったとしても、稀に不衛生に遭遇する事はあるのだ。


今日お話しするのはそんな稀に僕達が遭遇した時のお話し。



~宴の後~


その日僕達はとてもムラムラしていた。


男という生き物に生を授かれば言わずもがな理解できると思う。


なぜムラムラしていたのか?理由なんてものはない。その質問はナンセンスである。


たまたま飲んでいた場所が都会ではなかった為、ムラムラを解消する方法が存在しなかった。


タクシーでわざわざ都会に出て風俗店に行くのは違う。負けた気がする。知らんけども。


今!現在!すぐに解消したいのだ!


それが男3人の合致した意見だった。


馬「ぬぅぅ…物凄くムラムラします。」


A「右に同じ。」


B「以下同文」



Mは今日いない。多分Mがいればすんなりと方向性は決まっていただろう。


しかし今日、Mはいない。女子とデートなのだ。


A「いやあ、Mおらんかったら決まらんなあ。」


馬「こういう場合だけはリーダーシップすんごい発揮するからな。どっかええ所無いの?」


A「ナンパするにしても、こんな国道沿いに人いてへんで。」


グダグダ喋っている時に後輩のBが口を開いた。



B「先輩方…」



馬「なんじゃ?なんかあんのかい?陰茎が寂しがっとるんや。」


C「今思い出したんですけど…この国道沿いに5分くらい歩いた所に韓国エステありましたよ。」


















!?
























A「でかした。ナイス情報。」


馬「いざ…」

























































志が一致した我々はすぐさま目的地に向かった。



男という生き物はおかしな物で、エロに対する期待感が半端ない。


正常な思考なら「国道沿いの場末の韓国エステ」という言葉を聞くと、




  • ブスしかいない。

  • オバハンしかいない。

  • 無駄に高い。 

  • 韓国エステなのにフィリピーナ。

  • 性的じゃなくガチのエステ。



と、考えるのが普通である。



しかし、この若者3人は違う。ポジティブがポジティブを超える程エロに対して前向きであり、最悪の事など考えていない。希望だけしかないのだ。



今まで何度も風俗に希望を抱いては、裏切られ痛い目に遭ってきたのに、今回もエロというまやかしの所為で、何の疑いもない真っ直ぐな瞳でひたすら夜道を歩いている。




馬「まだかい!わしの陰茎が早くお外に出たいよ~と、おっしゃられてる!」







A「けど、こんなへんぴな場所やったらブスかオバハンしかおれへんの違うか?」


Aは正常な判断の様だ。



B「いや、こんな田舎の方が逆に若くて可愛い子が多いらしいですよ!」







馬「俺もなんかそんな噂聞いたで!田舎の方が可愛いし若いしサービスもいいらしいで!知らんけども!」







A「そう言えば…俺も聞いた事あるな。田舎の方が、可愛いし、若いし、サービスいいし、安いらしいな!」







やはり正常な判断ができない様だ。
らしい…らしい…こうして勝手に良い方向に期待を膨らませポジティブ3人衆はさらに前へ進むのであった。



ポジティブ過ぎて30過ぎのおっさん達がスキップしながら進んで行くと…ついに目的の韓国エステに到着した。




※写真はイメージです。







3人は思った。






すんごい怪しいね。



先程のポジティブテンションが嘘の様に3人の熱は冷めていった。


馬「いや…これはあかんやつやろ。」


A「ちょっと変な期待し過ぎたな。入るのが怖いな。」


B「すいません。僕が変な事言うて先輩方期待させてしまって…」


馬「いやいや、お前悪くないよ。…帰りますか…」



3人が同じ気持ちになり帰宅しようとした時だった。





ドゥッビドゥッビドゥビドゥッドゥッドゥッ♫



夜の静寂に着信音が響いた。



続く。




ブログ魔界村入口

ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日の起こった出来事を話そうと思う。

今日から明日へと日付けが変わろうとしていた時、私はコンビニの駐車場に停めた車の中でスマートフォンをいじっていた。


別にスマホをいじったから何がある訳でもない。


国民的アイドルグループの解散報道や、許しがたい幼児虐待のニュース、くだらない政治家のどうでもいい記事をボーッと眺めていた。


目的も無く指を動かし、ただ時間を過ごしていた。


家に帰る気にならなかった。


家族の関係性は決して悪くない。妻も子供も愛している。1番の宝物だ。


だけど今日は帰る気にはなれなかった。


少し疲れたのだと思う。


昨年の11月頃からずっと仕事漬けの日々。


やってもやっても仕事は減らないばかりか、増える一方だ。


仕事が嫌いな訳でもない。やり甲斐もあるし、行動が結果に伴ういい仕事だ。


だけど、少し疲れたのだと思う。


私はスマホを助手席に放り投げ、座席を後ろに倒した。


目を閉じ、まとまらない思考を巡らせる。将来への不安、妻や子供を養わなければならない責任感、今度の仕事の事…


やはり私は疲れている。


こんな事を考える時は大抵の場合疲れている時だ。


私は頭の中から鬱屈した考えを消した。


ただ何も考えずに目を閉じよう。


少し仮眠してもいいかもしれない、


頭の中が空っぽになり、身体の力が抜けていく。


このまま眠ってしまうかもしれないな。


アラーム合わせないと…帰りの遅い私を妻が心配してしまう…まあ…いいか。このまま眠ってしまおう。


私は…疲れているんだ…。




ガサ…ガサ…



ガサ…ゴソ…



ゴソゴソ…



誰だろう…助手席で音がする…


身体を起こすのが億劫だ…


妻が捜しに来たのだろうか…


夢なのかな…


私は夢か現かわからないまま、重たい瞼を開けた。










男「え?」































馬「え?」




















車の中に知らない男がいる。


知らない男は何故か私のカバンの中を漁っていた。


私は寝ぼけていてよくわからなかったが、とりあえず怒鳴る事にした。







馬「何してんねん!ゴラァ!」




















<




男「あっ…」





















男「すいません。車間違えました。」


   





馬「あっ…そうなんですか。これ僕の車です。いやあ、へへへ…なんか大声出してすいません。恥ずかしいなあ。へへへ…」









男「いえ…こちらこそ車間違えてすいません。へへへ…じゃ、じゃあ。」









馬「あっ、じゃあ。へへへ…」







そう言って男は…














自転車に乗って帰って行った。








馬「んんん…?」












男はコンビニの駐車場を出た途端立ちこぎして風に乗った。


私はツッコミを入れようとしたが、周り見渡して言葉を飲み込んだ。








ブログ魔界村入口


追いかける気力が無かった。疲れてたんやな。


ブログランキング・にほんブログ村へ

プロフィール

g1mania

Author:g1mania
日々、一喜一憂を繰り返し、酒に溺れ、ギャンブルに溺れ、身を滅ぼして逝く。それでも私は生きています。何でも無いような事を幸せだったと思う…。いいんじゃないでしょうか。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
投票箱
魔界村入り口
ブログ魔界村入口
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR