スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【手記】黒い影【序】



~プロローグ~


圧倒的な暗闇の中で燃え続ける炎。


その炎は真夏の暑さをより熱くさせるはずだった。


しかしキャンプファイヤー越しに少年達は見てしまった。


おぞましい影を。


その途端、少年達の背中に悪寒が走り、辺りは真冬の様に寒くなった。


少年達は声を殺し、影の動きを見守っていた。


すると影は右手を振り上げた。


楽しい筈の夏休みが惨劇に変わる瞬間だった。



8月2日


夏休みも7月が終わると微妙に気持ちが焦り出す。


実際はまだ1カ月の休みがあるのだけれど、7月は特にダラダラ過ごしていた事もあり、残り1カ月しか無いという事に微妙な不安を感じてしまうのだ。


宿題には手はつけないという鋼の意思は毎年の事で、勉学に対する不安では無い。


中学3年生の僕が感じた不安は、そんな事よりもっと大事な事だった。


中学生最後の夏休み、青春の一ページに刻む楽しい思い出作り。


このままダラダラ過ごしてしまうと中学生最後の夏休みが終わる。


まだ1カ月もあるじゃないか?いや、もう1カ月しか無い。


高校受験という言葉を脳内でトイレに流し、馬太郎は玄関に向かい受話器を取った。


8月6日


どうやら友人達も同じ考えだった様だ。


中学生最後の夏休みを満喫したいという同志達が会議を開き、我々はキャンプに行く事になった。


しかし、中学生だけでキャンプに行くのはやはり危険という事で親の反対を受けてしまった。


しかし今更止める事はできない。同志と交わした血の約束がある。


僕は友人の父親が連れて行ってくれるという風に嘯きどうにか許可が下りた。


母が友人の父親に電話するとの事だったので、第二次性徴期が終わった同じクラスの川原君に無理を言って友人の父親に成り切ってもらった。


川原君にはとりあえず、「えーえー。」と低い声で言ってくれと頼んだ。


母「この度はありがとうございます。うちのバカ息子を一緒に連れて行って頂けるそうで…」


川原「えーえー。」


母「本当に申し訳ありません。言う事聞かない時は殴ってもらって結構ですから。」


川原「えーえー。」


母「ではお願いしますね。本当に大丈夫でしょうか?」


川原「えーえー。」


母「ありがとうございます。お願い致します。」


川原「えーえー。」


電話を切った後、母は「寡黙な人なんだね。あんたの友達のお父さん。」と言いながら台所に向かった。


僕は「えーえー。」と返し、来たるキャンプの日、8月15日の事を考えて寝る事にした。


8月15日 朝


集まったのは4人だった。


本当はクラス1の秀才の斎藤も参加する予定だったが、川原君の「えーえー。」が怪しくて親に見抜かれたらしい。


子供が賢いと親も賢いんだな。と、少し複雑な気持ちになったが、すぐに頭の中から打ち消した。


メンバーは、僕、A、H、Mの4人だった。


Hは不良では無いのだが、悪の心を持っていた。


親の財布から結構な額のお金を抜きキャンプセットを購入した様だ。


H「どうせ行くなら完璧にしないとな。」


テントに飯盒炊爨のセット、食材、お菓子など全て揃っていた。


馬「けど、こんな荷物どうするんだ?電車移動大変だぞ?」


H「大丈夫大丈夫。タクシーで行こう。呼んであるから。」


中学生のやる事じゃなかったが、僕達はHに従った。


タクシーの中で皆はHの事を社長と呼んだ。それでは飽きたらずあだ名はどんどん変化をきたし、社長→孫会長→ビルゲイツとなり、目的地に着く頃にはやはりマハラジャと呼ばれる事となった。


タクシーのおかげで快適に旅は進み、僕等は無事に奈良県の吉野川に到着した。


タクシー代は憶えていないが、結構な金額を払っていたと思う。


キャンプ地はAが家族とよく行く穴場だった。人は少ないというより、いなかった。


最高の場所で最高のキャンプが始まる筈だった。中学生最後の夏休みは僕の思い出の中でも忘れられなち1日になるだろうと思っていた。


しかし、別の意味での忘れられない日になるとはこの時の僕は知る由もなかった。


続く




ブログ魔界村入口


壮大なる◯◯◯話です。


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まだ話が見えてこない
この後何が起こるんだろうか

ここでまたマハラジャとは、、

全然成長してねぇ( ;´Д`)

悲しいかなそれが男という生き物

No title

まったく・・・月曜の朝からなんて続きの気になるものを見ちまったんだ。少年ジャンプより楽しみじゃないかっ!

いいですね。自分にも似たような経験がありますけどこれ男同士じゃないとできないイベントですから、こういうの見ると男に生まれてよかったなーと思います。

ちょっとした言い回しが好き(´Д`)
次も楽しみ~!

馬太郎先生!うちの娘が重い病気と診断されまして、今年の桜は見られないかもしれないそうです。
娘はこの黒い影シリーズのつづきを大変心待ちにしているようです。
どうか先生、つづきを早くお願いします。
ちなみにハンターハンターのつづきはあきらめた模様。

No title

ども、まさ★です。
いやん、続きが気になりますね〜〜。
きさらぎ賞までにアップお願いします(笑)

Re:

じんさん。

皆マハラジャが好きなんですな。
今回は読めない様に仕上げてます^ ^

Re: No title

おにはまさん。

ありがとうございます!打倒集英社ですなw

男はいつまでたっても男の子ですからw
来世は女に生まれて毎日乳もみたいです。

Re:

押し売りさん。

ありがとうございます!
明日更新しまーす^ ^

Re:

すろたろうさん。
娘よ…案ずるな。君の耳元で続きを聞かせてあげる。一緒に寝んねしようと伝えて下さい。

いつも逸脱したコメントありがとうございますw
ワロタわw
明日更新しまーす^ ^

Re: No title

まささん。

皆さん続き気になってくれてるんですが、今回はオチ弱いですけどねw

きさらぎ賞は三連複と三連単1点勝負でいきます!宣言!

パンツ脱いだ方がいい?

貴方の書くセンテンスは最高級品です。

私シルクロードS小牧フトシの複賞シコタマ買いました

Re:

聖さん。

今回はまだ履いててくれ。
脱ぐ時は合図する。

Re:

例セフォーさん。

浜中と水口のセカンドダンスに酔いしれ様として失敗した私に小牧の話なんてしないで!!

おめでとう。羨ましくて脇の汗出ました。
プロフィール

g1mania

Author:g1mania
日々、一喜一憂を繰り返し、酒に溺れ、ギャンブルに溺れ、身を滅ぼして逝く。それでも私は生きています。何でも無いような事を幸せだったと思う…。いいんじゃないでしょうか。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
投票箱
魔界村入り口
ブログ魔界村入口
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。