お願いだからそれはやめて。後編


馬「はい。」


M「どこ~?」


電話はMからだった。


馬「今国道沿いの韓国エステ。」


M「むちゃ面白そうやん!俺も行きたいわー。」


馬「いや、怪しすぎるから帰ろか言うてんねんけど。お前女やからええやん。」


M「女無理やったわ。必殺終電帰りや。国道沿いの所やろ?あそこ怪しくないで。」


馬「そうなん?むちゃくちゃボロボロやし、暗いし。絶対危ないやろ。」


M「いや、先輩から聞いたけど結構若くて可愛い子多いらしいで。昔から言うやろ。田舎の風俗の方が若いし、可愛いし、サービスいいし、安いらしいって。知らんけども。」


馬「マジか!先輩の経験談があるなら心強いな!入るわ!じゃあな!」


M「おい!先輩はらしいしか…俺も後から行くから…」


Mの言葉を全て聞かずに馬太郎は電話を切った。



A「Mなんて?」


馬「ふふふ…朗報やで…」

























馬「やっぱり田舎は若くて可愛い子がいるらしいでー!って先輩が言うてたらしいでー!ここの韓国エステも良いらしいでー!」





A「マジか!」


B「行きますか!」



























離れてしまったと思われた心は、Mのらしい話のおかげて再び一つになった。



意気揚々と店内に入った3人。


とりあえず店長らしい男に奥に案内された。


店内は薄暗く、ピンク色の調光がただのエステではない事を物語っていた。





馬「エロい感じがいいな。」


A「うむ。期待し過ぎてウンコ漏れそう。」


しょうもない事を話ながら奥へ進む途中、馬太郎の視界に入った物があった。








汚水の入ったバケツだった。






馬(汚ねぇなあ。掃除したなら片付けとけよなあ…。)













奥の部屋は簡易の仕切りで四つの部屋に分かれていた。


プライベートの無さが半端無かったが、これはこれで有りだった。


店長「では、女の子が来ますので…ゆっくりと疲れを癒して下さい。」


そう言って店長は去って行った。


馬「…陰茎そそり立ってきた。」


A「右に。」


B「以下同文っス。」


友人との会話を部屋越しに楽しみながら女の子を待つ。


そして女の子が現れた。








予想外の展開!



らしい話は本当だった!








※写真はイメージです。



思っている以上に可愛い女性が来たのだった。


考えてみれば性行為は無いので可愛いのがいてもおかしくは無い。


馬太郎達のテンションは最高潮だった。



嬢「お客さん。マッサージしていきますね~」


馬「は…はい~!」


馬太郎の元気の良い返事の後、隣からもは…はい~!と同じような声が聞こえた。


馬(他も当たりか…)


マッサージが始まった。


最初は普通にマッサージだった。


始めは足を揉んでいた手が徐々に上へ上へと上がっていく…。


ふくらはぎから、太腿の方に…ネットリと優しく…。


実は馬太郎、この時がマッサージ系の軽めの風俗は初めてだった。


ホテヘルとは何だったのか…。


こういうのでええんや。ホテヘルやらデリヘルの様にモロ風俗!みたいなのよりも、この微妙な距離感…何の期待感もない所からの陰茎タッチ。


うちは風俗店やありまへんで~、ただのエロい格好でマッサージするだけですねんで~と思わせといての陰茎タッチ。


キャバクラ以上ホテヘル未満な感じ。だけどセクキャバではない。みたいな。知らんけども。


馬太郎は満足だった。






馬(こういうのでいいんだよ!変な絡みはいらんのです!)








嬢「お客さん…上向きになって下さい。」

















嬢「スペシャルマッサージしますね~」


上向きになった私の…

















陰茎…




















富士山!



陰茎はもはや富士山だった。


恥ずかしい!だがそれがいい!天下を取るのではないかと思われる程そそり立つ陰茎!


その陰茎の周囲をネットリマッサージする嬢!


陰茎のキワをキワッキワッを!勿体つけながらマッサージしてくる!


陰茎触って欲しい!


喉元まで陰茎触って下さい!って出てるけども!僕言わない!この状態を楽しむ!


隣ではBが「すいません。そろそろ陰茎触って下さい。」と懇願する声が聞こえてきた。


馬太郎の富士山が日の出を迎えようとしたその時、女性はさらに馬太郎の興奮を増す一言を言い放った。








嬢「口でして上げる。ト・ク・べ・ツ。内緒だよ?」


















































日の出は昇り始めた。




宇宙!



馬太郎は思った。これは宇宙だ!来て良かった。Mありがとう!君の後押しのおかげで最高の気分です。


姉さん…僕は幸せです。


母さん…明日仕事休んでいいですか?


父さん…今度ご一緒に。



嬢「少し待っててね。用意してくるね。」


馬「え?どこ行くの?」


嬢「一応オチンチン拭かないと。ゴメンね。ちょっと待ってて☆」


馬「待つ!待ってる!」


嬢は部屋を出て準備しに行った。






馬「たまらんなあ…アチャア。特別だって。えへへ…特別に弱いからなあ僕。」










浮かれながら待っていると、部屋の外から音が聞こえる。



馬太郎はカーテンを開け音のする方を見てみた。



仄暗いピンク色の光の中で女性が屈み込んで何かをしている。





チャプ…チャプ…






馬「あれ…」






















女は何やらタオルを絞っていた。








んんん~…?


違うよな。


あのバケツさっき見た汚い水入ってたやつじゃないか?




















今あの汚いバケツでタオル洗っって絞ってたように見えたけども…


アレで拭く気なんか?










いやいやw無い無いw


そんなわけ無いでw



嬢は立ち上がり歩き始めた。








違うよね…?









お願い…それだけは…









嬢はしっかりと脚取りでこちらに向かってくる。










お願いそれだけはやめて!































嬢「お待たせ☆じゃあ拭くね~」






















あっ…









馬太郎の富士山に日は昇らなかった。


嬢には丁寧に御断りを入れて最終的に自分で抜いた。(!?)



馬太郎は2人の友人にその事をすぐに報告し2人は難は免れた。


僕達が帰った後に来店したMは、3度目の淋病治療の為泌尿器科に通う事となった事を馬太郎は1週間後に聞いた。




了。



ブログ魔界村入口

汚な過ぎ。


タオル洗いに行く時に「嘘やろ!」って声出ました。びっくりする程不衛生。


衛生管理についてのお話でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

電車ん中で笑うの堪えながら、ニヤニヤしてましたww
ありがとう!今日も1日頑張れそーです!

No title

でもそのクッソ汚い水で拭いたのを口でしてくれる訳ですよね…?
悪く無い

ども、まさ★です。
危なかったですね…(´ºωº`)
怖い…怖い…怖い
でも、男性ってなんであんなに正常な判断出来なくなるんすかね(笑)そうしないと社会が存続しないんでしょうね。後悔するような既成事実から子孫繁栄に繋がるんですよ、きっと。
そうしないと地球はきっと滅びるんです(´-ω-`)

Re:

押し売りさん。

ありがとうございます!
そう言って頂けるとまた書こうと思えます^ ^

Re: No title

げりチェさん。

やはり貴方は私の一つ上を進んでいる様ですね。
超えられない壁か…

Re:

まささん。

危なすぎでしたわw
先日、この話を友達として思い出したんですが、本当に怖いです。まだその店ありますからね。

生命の話なってるwww確かにそうかもしれませんねw

No title

汚水の入ったバケツとかそこで絞ってる画像とか・・よく見つけてきますね。馬太郎さんの文章は情景がぱぁぁああって広がるからすごく読みやすいのにそれに加えての画像だからとても親切ですよね。

いや、陰茎って言いすぎぃぃぃ!

ちょっとおしぼり持参するのでそこでお不快・・・あ、オフ会しましょう!

実は近場の泌尿器科とつるんでいた説が←

日本は衛生面ではかなりうるさい国ですが・・・

他国では食器を洗わずそのまま使うような場所もあるみたいですし、国や地域次第で衛生管理に大きな差がありますよね(´‐`)

訓練されたドMならご褒美かもしれませんがノーマルな身からするとゾッとする話です。

まぁ今の時代多少辺鄙な場所の店でもネットで評判を聞けたりするので、入店前に軽く調べたほうが良さそうですね(´・∀・`)

No title

田中の使い方が最高です。センスまる

ウェットティッシュをもっていけば解決できるんではなかろうか

というかどうやって後の二人に危険だとどうやって伝えたのか気になります(^∇^)

Re: No title

おにはまさん。

本当は文章だけで作りたいんですが、まだ力不足ですね。画像探すの大変w

陰茎ばっかで失敬^ ^

Re:

すしの人さん。

衛生管理は大事ですね。泌尿器科とつるむ…
あると思いますw

訓練されたドMならご褒美かもしれませんがノーマルな身からするとゾッとする話です。

上品な言い回しが気に入りましたwワロタwww
さすがのセンスw

Re: No title

脚長おじさんさん。

アフロ田中には助けて頂いております^ ^

Re:

じんさん。

この店本当に隣との会話筒抜けなんでw
普通に伝えましたよ^ ^

ウェッティか。考え及ばずでしたw

No title

キッチリ抜いたんですねw自分でw

そりゃ無いよー!な展開でビックリと残念さが入り混じりますなぁ…汚水で布巾洗うってマジかよみたいな

孔明の画像、何気に使い勝手良いですねー
横山三国志大好きなので嬉しいですわ
いつか馬岱の「ここにいるぞー!」も使って欲しいです

Re: No title

びん息子さん。
やっぱり自分の手が1番ですね^ ^

Re:

かあるさん。

画像程汚くは無かったですが、それでも…ねぇ。

三国志使い勝手いいですよw
次何かで使ってみます^ ^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:

押し売りさん。

うぅ…ありがとうございます!
嬉しいです!また書きます!
文章力磨きます!

やっぱりありがたい評価は力になります!

No title

初コメ失礼します_(._.)_

あの汚いバケツでタオルを洗う理由が分かりません・・・
水道ですればいいのに・・・
水道で洗っていれば楽しい展開になったんですよね?
クソーッ!僕のドキドキを返して~ッ!

Re: No title

けんぽいさん。

コメントありがとうございます!

慣れでしょうな。
水道がどこにあったか知りませんが、オッさんの汚い陰茎拭くのにわざわざ水道まで行くの面倒臭いなあ的な感じかもしれませんね。知らんけどもw
1番ドキドキしてたの私です!w

No title

くぅ~~!!!


馬太郎さんのこういう記事がみたいんや!


スロットブログ?



こまけぇこたぁいいんだよ(aa略


次行った時は、入店時にバケツを蹴飛ばしてから
ちゃれんじお願いします。

Re: No title

シゲオさん。

皆さんありがたい事にそう言ってくださりますw稼働ブログと雑記記事の反響の差が半端ないですw
以前流行ったバケツチャレンジですね?
了解です^ ^
プロフィール

g1mania

Author:g1mania
日々、一喜一憂を繰り返し、酒に溺れ、ギャンブルに溺れ、身を滅ぼして逝く。それでも私は生きています。何でも無いような事を幸せだったと思う…。いいんじゃないでしょうか。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
投票箱
魔界村入り口
ブログ魔界村入口
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR