スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の起こった出来事を話そうと思う。

今日から明日へと日付けが変わろうとしていた時、私はコンビニの駐車場に停めた車の中でスマートフォンをいじっていた。


別にスマホをいじったから何がある訳でもない。


国民的アイドルグループの解散報道や、許しがたい幼児虐待のニュース、くだらない政治家のどうでもいい記事をボーッと眺めていた。


目的も無く指を動かし、ただ時間を過ごしていた。


家に帰る気にならなかった。


家族の関係性は決して悪くない。妻も子供も愛している。1番の宝物だ。


だけど今日は帰る気にはなれなかった。


少し疲れたのだと思う。


昨年の11月頃からずっと仕事漬けの日々。


やってもやっても仕事は減らないばかりか、増える一方だ。


仕事が嫌いな訳でもない。やり甲斐もあるし、行動が結果に伴ういい仕事だ。


だけど、少し疲れたのだと思う。


私はスマホを助手席に放り投げ、座席を後ろに倒した。


目を閉じ、まとまらない思考を巡らせる。将来への不安、妻や子供を養わなければならない責任感、今度の仕事の事…


やはり私は疲れている。


こんな事を考える時は大抵の場合疲れている時だ。


私は頭の中から鬱屈した考えを消した。


ただ何も考えずに目を閉じよう。


少し仮眠してもいいかもしれない、


頭の中が空っぽになり、身体の力が抜けていく。


このまま眠ってしまうかもしれないな。


アラーム合わせないと…帰りの遅い私を妻が心配してしまう…まあ…いいか。このまま眠ってしまおう。


私は…疲れているんだ…。




ガサ…ガサ…



ガサ…ゴソ…



ゴソゴソ…



誰だろう…助手席で音がする…


身体を起こすのが億劫だ…


妻が捜しに来たのだろうか…


夢なのかな…


私は夢か現かわからないまま、重たい瞼を開けた。










男「え?」































馬「え?」




















車の中に知らない男がいる。


知らない男は何故か私のカバンの中を漁っていた。


私は寝ぼけていてよくわからなかったが、とりあえず怒鳴る事にした。







馬「何してんねん!ゴラァ!」




















<




男「あっ…」





















男「すいません。車間違えました。」


   





馬「あっ…そうなんですか。これ僕の車です。いやあ、へへへ…なんか大声出してすいません。恥ずかしいなあ。へへへ…」









男「いえ…こちらこそ車間違えてすいません。へへへ…じゃ、じゃあ。」









馬「あっ、じゃあ。へへへ…」







そう言って男は…














自転車に乗って帰って行った。








馬「んんん…?」












男はコンビニの駐車場を出た途端立ちこぎして風に乗った。


私はツッコミを入れようとしたが、周り見渡して言葉を飲み込んだ。








ブログ魔界村入口


追いかける気力が無かった。疲れてたんやな。


ブログランキング・にほんブログ村へ

恋愛とパチンコ。



なぜ、僕が母親にこんな質問をしようと思ったかと言うと、それは、これが1番ベストな例え話だったからだ。


馬「なあ、お母ちゃん。ちょっと聞いてええか?」



















オカン「なんや!今忙しいんじゃ!しょうもない質問やったらシバキ回すで!」








馬「うん。いや、オカン昔ようモテたて言うてたやろ?」


オカン「それがどないしたんや!?嘘ついてる言うんか!どつき回すで!」






馬「うん。いや、モテる言う事は男に告白されるて言う事やろ?どないして断わったん?」





オカン「そんなもん、付き合われへん!言うたら終いや!」


馬「お父ちゃんの時は?」








オカン「お父ちゃんの時は~アレやんか~♫嬉しいもんやさかい、すぐオツケー言うんか?あっ、オッケー出したわ~♫思い出したら股がジュンジュンしてきたわ~♫」






馬「うん。ありがとう。」


馬「さらに質問やねんけど、断る時さ、考えさせてとか、好きでもない人間に期待させる素振りとか見せへんの?」









オカン「お母ちゃんはそんなんせえへん!期待させるのが1番の罪や!昔の女は粋な女なんや!」


馬「ふぅん。」












皆さん、お久しぶりです。自己満足馬太郎です。正月から風邪をひき、オナニーもできずに床に伏せておりました。


1番の高熱の時に、疲れマラと言いましょうか…オナニーをしてみましたら、不思議な事に熱がスーッと下がりました。


人間の身体というのは不思議なもんですね。


さて、冒頭の親子の会話ですが、無意味なものではありません。


今と昔、時代は違えど男女の恋愛というのはあったのでございます。


母の言う様に、昔は自分が好きでは無い男性から告白された場合は、即お断り。


好きな男性から告白された場合は、即オツケー、いや、オッケーだった様です。


しかし、今の時代は違います。


今の女性は特に好意を持って無い男性に対してでも、ある程度期待を持たせます。


例えば、




ーある友人の話ー


 彼は好きな女性と何度もデートを重ねていた。


私なら一回目のデートの時に陰茎を掘り出し、女性の口腔にほりこもうと画作するのだが、彼は純粋な上に恋に臆病。


時間をゆっくりかけて、絶対に大丈夫という安心が無いと告白できない男であった。


例えるなら、熟成されたウィスキー職人。例えるなら、天井50ゲーム前の台しか座らない一生ゾーン狙いできない男であった。



そんな彼がついに告白する事を決心した。


その理由として…



友人「Aちゃんの好きなタイプってどんな人?」


A「私のタイプですかー。友人さんみたいに優しい人です☆なんちゃってへペロ」




と、淡い期待を抱かせ…


友人「Aちゃん。今日何食べたい?」


A「友人さんと一緒なら何食べても美味しいから何でもいいです☆なんちゃってへペロペロペロペペロンチーノ☆」



と、嬉しい言葉で結局パスタを食べ…


お酒を飲むとボディータッチと谷間チラ見せ。さらに今日は帰りたくないなあなんて呟いてみたり。


私ならその時点で陰茎を勝手に女性の腿に押し付けるのだが、彼にはできなかったみたい。


そして…


A「友人さんの彼女になる人は幸せだろうなあ…」


そのパチンコで言うと激アツ、赤保留、役モノ落下、ルパンザチャンス的な言葉を発せられたものだから、さすがの友人もこれは大丈夫と思い告白を決意したのだ!



友人「Aちゃん!ぼ、ぼぼぼぼ、ぼぼぼーぼぼーぼ、僕と付き合ってくれませんか!?」

















友人「お願いします!」











彼は彼女に手を出し目を閉じた。


これまでの彼女との時間を思い出していたのだ。


沢山の時間、沢山のお金を使った。


だけど今日報われる!幸せになれるのだ!


楽しい時間の始まりなのだ!






A「びっくりした…友人さんが私の事好きって言ってくれるなんて…,グスっ…私…嬉しい…グスっ」



友人は思った。


泣く程喜んでくれている!泣き顔も可愛い!俺は幸せ者だ!


やったー!やったー!やったー!


友人「じゃあAちゃん、僕と付き合ってくれるんだね?」















































A「ごめんなさい☆」




























友人「えっ?だって…今まで楽しそうに…告白した時だって嬉しそうにしてたし…プレゼントだって大事にするって…えぇ~?じゃあ僕の心を持て遊んだって事?」



















A「期待したのはあんたの勝手な思い込みでしょ?誰が付き合うって言った?過程なんてどうでもいいのよ!大事なのは結果なのよ!…いいじゃない。あんたも期待を膨らませて楽しんだでしょ?ドキドキしたでしょ?それでいいじゃない。さよなら。」







友人は思った。


だったら初めから期待させないで欲しい!


めちゃめちゃ金を使った。


時間だって無駄だ!


期待すればする程、駄目だった時の心の折れ方が半端ないのだ。


何故!そんなに人を傷つけるんだ!



僕はもう恋なんてしない…








~今のパチンコ~













準備オツケー!いや、オッケー×2!






赤保留キター!







はは…当たったな。







はい。もろた。










ビッチな女と今のパチンコは似てると思うの。






−15000円






言っときますが甘デジです。お約束のSTスルーです。


~完~



長~い例えでごめんなさいね。



ブログ魔界村入口


昔のパチンコの演出バランスに戻ってくれんかね。


オバケ掴みリーチとかでいいんやで。


ブログランキング・にほんブログ村へ

金杯結果…からの~


30000円負けた。





京都カスリもせず。



中山は夢を見たよ。



ステラウインドがもう少しで残りそうだったのに…



けど仕方ないよね。


わざわざ仕事の合間に場外行って買い足したというのに。





駐車場代高いし。




今年も養分街道真っしぐらか…





とりあえず最終レース買って帰ろう。




そうだ。



銀行に500円残ってたわ。



それも買っちゃおう。

















5600円返ってきた。








あっ!

















70000円返ってきた。








+45000円







今年は勝ち組になる!



~完~


ブログ魔界村入口


諦めないで良かった。


ステラウインド自信あったんやけどなあ。


ブログランキング・にほんブログ村へ

あけましておめでとうございます。金杯予想です。


3年前。


淀の冷たい風が、私のぽっかり空いた穴を吹き抜けて行った。




何度も何度も負け続けてきた。


毎回の如く、首を垂らし、この世の終りの様な表情で、呪詛を撒き散らし、もう死んでもいいのだと安い酒を煽り、不健康になってやる!と煙草を燻らせる。


毎年毎年毎年毎年!そんな人生を送って来た。


それも去年までで終わりにしよう。



養分は終わりだ!




このレースで今年の博打運が決まる!





金杯!




中山金杯!


京都金杯!




予想!



金杯で始まり、有馬で終わる!



その始まりが今日なのだ!



毎年運試しに行っていたパチンコ屋に行くのは阿保らしくてやめた!



ハイリスクノーリターンには、僕は疲れ切りました。



今日はグダグダ言わず予想印だけ!



まずは京都金杯!



◎エイシンブルズアイ


◯ケイティプライド


▲タガノエスプレッソ


△トーセンスターダム


△シベリアンスパーブ


△マーティンボロ


穴メイショウマンボ



続いて中山!



◎ステラウインド


◯ヤマカツエース


▲ネオリアリズム


△ベルーフ


△ライズトゥフェイム


△マイネルフロスト


穴バロンドゥフォール




ブログ魔界村入口


あけましておめでとうございます。


ブログランキング・にほんブログ村へ

プロフィール

g1mania

Author:g1mania
日々、一喜一憂を繰り返し、酒に溺れ、ギャンブルに溺れ、身を滅ぼして逝く。それでも私は生きています。何でも無いような事を幸せだったと思う…。いいんじゃないでしょうか。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
投票箱
魔界村入り口
ブログ魔界村入口
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。